知らなかった!結婚式で付けるピアスのマナー3つ

着物の場合、ピアスは付けないようにしよう

着物は日本の民謡衣装であり、ピアスは西洋のものとなるため、着物にピアスを付けて結婚式に参加するのはふさわしくありません。フォーマルな場での着物は、基本的に耳飾りはしないものとなっています。また若い人達の間で流行っているピアスであっても、年配の人達からするとピアスは不良のイメージが強いため、結婚式では良いイメージを持たれる事はありません。マナー違反と言うと言い過ぎですが、出来ればフォーマルな場ではピアスは付けないようにした方がいいですね。

式の時間帯によって身に付けるもののマナーは異なる

昼間の披露宴に出席する場合、服やアクセサリーは出来るだけ光らない物にしましょう。白色のパールが最もおすすめのアクセサリーとなります。なぜなら太陽の光りなどによって反射してしまい、写真映りに影響が出てしまう事もあるためです。夜な披露宴では、ドレスやアクセサリーに華やかさをプラスしも問題ありません。そしてキラキラしたアクセサリーなどを付けた方が、披露宴も華やかにはるためいいのです。華やかなのを重視するのはいのですが、花嫁より目立ってしまう程派手になるのは避けましょう。

鼻ピアスはしてはいけない!

インドでは鼻にピアスをするのが素敵とされていますが、結婚式に出席する際にはあくまでも日本のスタイルで出席するようにしましょう。鼻以外にも様々な場所にピアスを付けているのが流行していますが、フォーマルな場では良いイメージにはなりませんので外しておきましょう。結婚式には、自分と同じ考えを持っている人が必ずいるわけではありません。また年配の方が出席する場でもありますので、ピアスは外しておくのがマナーとなります。

結婚式場を神奈川県にするなら、みなとみらいや鎌倉、逗子など海の近くのベストスポットがたくさんあります。